Home » 育児 » 子育て節約テクニック

将来のために少しでもお金を上手に使いたい

子供が生まれるということ自体はとても喜ばしいことではありますが、同時に心配になってくるのがお金の問題です。
子育て世代というのはちょうど何かとお金がかかる時期でもあり、特に将来のための教育費を考えるとできるだけ貯蓄ができるうちにしておきたいと考えることでしょう。

まずこれから子供を育てていくという世代の人に知っておいてもらいたいのが、各自治体から行われている支援給付制度を120%に活用するということです。
少子化が社会問題と言われるようになってすでに20年あまりが経過していることもあり、全国にある自治体ではかなり力を入れた対策が行われていたりします。

120%と言ったのは、そうした給付金の中には役所に住所登録することで自動的にもらえるものばかりでなく、情報を知っておくことで便利に使える制度も含まれているからです。
自治体主催のものだけでなく、民間企業からも子育て世代に割引をしていたり居住費や生活費について優遇があったりする制度があるので上手に最寄りの支援制度について調べておいてもらいたいです。

SNSを活用してお得情報をゲット

民間の企業で今特に注目をしてもらいたいのがSNSを通じた不要品の取引です。
子供のための衣類やおもちゃなどはその時には必要だけれどもその時期を過ぎたらもう不要になってしまうというものも数多くあります。

ですのでもし欲しい育児用品があってもすぐに新品で購入しようとせずまずはオークションサイトや不要品売買サイトを見て安くなっているものはないかを調べてみることをおすすめします。
現在ではスマホを通じて直接取引ができるツールも多く提供されているので、びっくりするほど品揃えがよくお得な買い物ができたりします。

逆に買ったものや貰ったもので使わない品物が出たときにはそうしたツールを使って売却をしてしまえば、無駄にゴミを出すこともなく必要な人の手に渡ることができます。
今やこうした個人売買ツールは子育て用品の購入の主流にもなる勢いなので、もしまだやったことがないという人も一度試してみることをおすすめします。

子育て向けのSNS形式のフリマアプリでは直接売買の他に意見交換もできるので、思わぬところから人の輪が広がるということもありますよ。