1. >
  2. >
  3. パパにカタログギフトを贈りました

パパにカタログギフトを贈りました

パパママのギフト

最近定番の贈物にカタログギフトがあります。さまざまな種類の中からプレゼントを贈ってもらえるスタイルが人気。プレゼントを贈る側も、プレゼント被りを気にせずに贈れます。この記事では、プレゼントを贈った人がより喜ぶカタログギフトの選び方やコツをご紹介します。

感謝の気持ち

カタログギフトは、プレゼントを贈った相手が好きなものを選べる反面、あまり手間をかけずに贈ったと思われるイメージを持つ人も少なくありません。パパへの日ごろの感謝の気持ちを表すなら、やはり手書きのメッセージを添えましょう。添えるメッセージは、「ありがとう」の後に、「パパ私の自慢です。健康にも気を付けてお仕事がんばってね!」や「いつも心配ばかりかけてごめんなさい。ほんとうはもっと優しく接したいから長生きしてね。」が良いでしょう。

パパが喜ぶ理由

カタログギフトはさまざまなシーンでプレゼントして贈られますが、なんといっても専門性に特化しているカタログギフトが数多く存在しています。もちろんパパに喜んでもらえるメンズ専用カタログギフトもあります。

カタログギフトのマイプレシャス|特別感が伝わる「専用」カタログギフト

メンズ専用カタログの中にはパパが喜ぶアウトドアで使えるキャンプグッズ、ゴルフ用品、さらに圧倒的人気を誇る高級グルメもカタログギフトの中に含まれています。

喜ばせるあげ方のコツ

パパを喜ばせるカタログギフトプレゼントのコツは、「予算」「パパが普段している仕事や趣味の把握」「母親への相談」の3ステップです。まず予算をきめること。どれくらいお金をかけていいかは、年齢によっても変わります。高校生以下の場合、そんなに予算はかけられません。適切な価格帯としては1000円から3000円だと言われています。アルバイトをしている場合は5000円から10000円のプレゼントを選びます。社会人なら、10000円を目安に予算を考えると良いでしょう。

予算が決まったらパパが普段している仕事やプライベートにフォーカスします。通勤のスタイルや帰宅後はどんなことをしているか書き出します。パパの生活スタイルを書き出すとどんなアイテムに関心があるか思い浮かぶはずです。

例えば、スーツを着用して電車通勤をし、帰宅するとスマホを見ながらゴロゴロしている、あるいは晩酌をしながらテレビを見ている。休日は映画を見たり漫画を読んでいればある程度プレゼントが想像できます。この例だと、ネクタイ、ネクタイピン、財布、お酒類、クッションなどがプレゼントに適していそうですね。

パパにギフトを贈る時はサプライズだとより喜んでもらえます。そこで、お母さんに協力してもらいましょう。自分が考えた意見プラス、パパの将来を考えてどんなものがいいかアドバイスがもらえるでしょう。