1. >
  2. >
  3. 職場を変えたい薬剤師のための求人サイト

職場を変えたい薬剤師のための求人サイト

薬剤師

薬剤師の求人サイトの特徴

薬剤師さんの転職率は7割以上と言われています。

求人サイトが多いこともあり、選ぶのに困る方も多いのではないでしょうか。職場と雇用形態から選ぶタイプ、希望年収から選ぶタイプ、サポート体制から選ぶタイプなどたくさんあります。

興味がある種類が多く掲載されているサイトを探す必要がありますが、その選び方や転職のコツなどをご紹介いたします。
 
 
 
 

求人の選び方

求人の選び方を考える際に、職場の種類別だったり、雇用形態別で探すことが可能です。自分の働きたい場所をしっかり決めたうえで探してみるといいでしょう。職場の種類別では以下の種類が考えられます。

  • 病院
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 企業

職種以外には、雇用形態別で考える際は、以下の3パターンが基準となっています。
最近では、正社員以外にもパートや派遣という形で薬剤師として携わるパターンも増えてきていますし、雇用の幅も広がっていると考えられます。

雇用形態

  • 正社員
  • 派遣
  • パート

また、求人選びも大事ですが、勤務する場所選びをしっかり行えば、良い求人広告と出会える可能性も飛躍的にアップするでしょう。例えば、保育士の求人においては【東京都の保育士求人】や【神奈川県の保育士求人】のように場所を区切った形で探せる求人が多くなっています。

これは、保育士という仕事が自治体ごとに補助や優遇制度も異なることから、良い求人を探すうえでエリア別の検索方法は有効な手段となるためです。薬剤師も同様に、人気のあるエリアは待遇もよく、人材の不足が出てもすぐに埋まってしまいます。このように良い求人を探す場合は、マメな検索を心がけるといいでしょう。

転職するタイミング

薬剤師に関わらず、転職するなら絶対気にした方が良いタイミングがあります。転職して損することは避けたいですよね、時期選びで変わる可能性があるものをピックアップしましたので誤らご覧ください。

・ボーナス時期
賞与が年1回ならもらいってすぐにやめる方が良いですね。2回の賞与の場合はタイミングを逃してしまうと、また次のボーナスが近づいていきて、今回のボーナスをもらったらやめよう、次のボーナスをもらったらやめよう…と、だらだら続けてしまう可能性もあります。ボーナス時期のタイミングは気を付けた方が良いでしょう。

・求人が多い時期
1月から3月ごろまで比較的に求人が増える時期です。ただ、求人が多い時期は、もちろん転職ライバル沢山いるということになります。

・スムーズに転職ができる時期
大体25〜30歳で転職するのが多いようです。結婚をきっかけにしたり、妊娠したことをきっかけにすることも多い年齢層になります。女性ならではの転職理由にはなってしまいますが、スムーズに転職をするならタイミングを上手く活用する方法を使うと良いでしょう。

注意点

転職する際に注意した方が良い点として、

・求人情報と面接時の内容に相違がないか
・違法行為が行われていないか

求人サイトに載っている情報と異なるようなブラックな企業は少なくありません。自分の身は自分で守れるように、注意するポイントに気を付けて転職に励んでください。